デジタル一眼レフ交換レンズの絞り機構は、電子信号によって制御される絞りユニットとステッピングモーターで構成され、安価な標準ズームレンズから高価な超望遠レンズまで幅広く採用されています。

瞬時に光の量を調節する高速化や、光の量が変化する動画撮影時における滑らかな動きが強く求められる近年、これに応える製品を開発/設計/生産しています。