ニスカ株式会社
環境方針

企業理念
私達は、すべての人達が共に生き、幸せに暮せる「共生」の考えに基づき、独創的な製品や技術を通じて新たな価値の創造に果敢に挑戦し、さらなる発展をめざして次の努力を続けて参ります。
「お客様満足の追求」「企業価値の向上」「人間性の尊重」「社会への貢献」
環境保証理念
世界の繁栄と人類の幸福のため、資源生産性の最大化を追求し、持続的発展が可能な社会の構築に貢献する。
環境保証基本方針
ニスカ株式会社は、主に事務機器及び情報機器(複写機及びコンピュータの周辺装置)、光学機器(オートアイリス)の開発・設計・生産及び供給する事業活動を行っています。当社は、これらの事業活動に於いて、地球環境保全を重要課題と認識して、省エネ、省資源、廃棄物の削減に努め、水質・大気・土壌等への汚染を予防及び防止すると共に、環境管理システムを構築し継続的に改善を推進していきます。
1.
製品の研究開発・設計の段階から生産、 流通、 使用、 廃棄などの環境影響を評価し、環境負荷を低減するよう配慮します。
2.
企業活動のあらゆる面で、法規制及び地方自治体等、その他の 要求事項を順守すると共に必要に応じて自主基準を策定して、地球環境保全に努めます。
3.
事業活動によって生じる環境への影響を調査・検討し、環境負荷を低減するよう環境保全性、省エネルギー、省資源等に優れた技術、資材の導入を図ります。
4.
必要な資源の調達・購入に際して、より環境負荷の少ない材料・部品・製品を優先的に調達・購入します。
5.
環境保全を推進するために、自ら環境目的及び環境目標を設定し、実施すると共に、地球環境、社会的な状況等を勘案した上で、定期的な見直しを行い、継続的な環境管理活動を展開します。
6.
すべての利害関係者に対し、要求があった場合、環境方針、環境負荷、環境対応状況を公表します。
7.
全従業員への教育訓練等の実施を計画的に行い、環境方針を周知させ、環境意識の高揚をはかり、自ら環境保全活動を遂行できるよう、環境教育啓発活動を展開します。
8.
行政機関、地域や関係団体等との連帯を密にし、社会全体の環境保全活動に積極的に参画・支援・協力します。

2014年1月1日
ニスカ株式会社

ISO14001の登録証1(英文)>ISO14001の登録証2(英文)

ニスカは、環境方針に対する取り組みの一環として、環境マネジメントの国際規格「ISO14001」の認証を1999年に取得しました。

ISO14001とはISO14001は、組織(企業等)の活動、製品またはサービスによる環境負荷(著しい環境影響)や環境リスクを低減し、発生を予防するための行動を継続的に改善していく「環境マネジメントシステム」として必要な事項を6項目にまとめて作成された国際規格です。
環境影響のうちで、著しいものを抽出して、その影響を減らす、または発生を予防するための環境マネジメントシステムを文書化しそのルールに従い活動を行うことです。
環境マネジメントシステムは、法規制の遵守(県条例・市町村条例含む)、継続的な改善、汚染の予防として、企業の環境マネジメント活動を管理サークル(スパイラルアップ)にまとめ、これらの改善活動を行うしくみを作り、実行していくことです。